スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

古い丸椅子の鉄脚リメイク その1

近頃サウナ状態の倉庫(笑)
鉄パイプの丸イスって食堂なんかでよく見かける。
その脚部の構造って大体パイプをコの字曲げしたものを
十字に組んだだけのものがあるけど
この脚はサークルに曲げたものを座面受けとして
への字曲げしたパイプとを溶接でつないでいるようで

いずれの場合でも使っているうちに脚が広がってきて
ガタガタしてくる。
それを直して使い続けようと誰かが一脚だけひどい方を
丸鋼でつないでいたみたい。(若干ゆがんで付いているが・・・)
そんな2脚が手に入りさっそく手をつける。

↑上の写真が before 下が after
つなぎを取ってないほうにも同様に十字クロスに補強して
脚底のゴムキャップを脱がせて保管(また出番が来るさ)
代わりにベース鉄板を取り付け脚上部にも同じような穴あき加工済み鋼を溶接。
溶接後に全体の表面仕上げを終えこれだけでかなりのお気に入りに!

ココから普通に座面加工して革張りか無垢の木でオイルフィニッシュなんて
最初から想像のつくモノづくりは何処かのアンティークショップか
USED furniture shopにお任せするとして
こんないい表情のモノは今後触れる機会があるかもわからないので
さらにココから発展させたデザインや使い方を試すチャンス

それで出てきたのが1脚づつ使うのではなく
2つあるのも何かの縁となり長椅子にすることに・・・。
でも、こだわったのは鉄脚の全巾に対する板巾のバランスと脚の位置関係
造り酒屋の古材を使って
極端に脚をハミ出させるバランスにしました。


脚の十字クロス補強を上から見て『Xエックス使い』と『+プラス使い』
のセッティングの違いで全く違ったバランスの印象になります。
この長椅子を頭に描いている段階からすでに、また勝手に店主になっています。(笑)
今度は陶芸作家の作品を置く店主 (笑)
ずら〜っと器を並べてみたいけど
うちの倉庫には気の利いたモノなんてありゃしませんから
とりあえずなんかあるもん置いてみた(笑)

モノ造りをし続けていて自分の事がひとつ明確にわかってきたことがあります。
それは、什器が好きだって事。
でも、什器専門屋さんのありがちな什器ではなくて
その店主独特のセンスで何でもない普段使いのモノに
クローズアップさせたいモノをディスプレイさせたり
え?これ何のどこの部分を使った什器なんだ?
それとも、このモノをディスプレイするためだけに作ったものなん?
とか、雑誌でよく見かける ベッドのスプリングを天井から吊り下げたり
壁にまるで棚板のようにスプリングを細く切って固定して
古書やポストカードをディスプレイするような、
(これって、東京目黒のユトレヒト UTRECHTさんの事やけど一度は行ってみたい)
そういう感覚・・・がものすごく好きなんやと。

そんな誰かの為の特殊な状況にあわせて作られた特別なモノは
実は、きっとその他の人にとってもそれがすごくカッコよくて
自分の身の回りで普通に使いたいと思うような事が
たくさんあるんだろうと。
それが全てではないし、全ての人に受け入れられるモノではないけど、
そういうモノがひとつでも多くできたらいい・・・
この長椅子も違う使い方をする前提で作っているんだけど
まだ、写真が撮れてないので

つづく・・・

TOOLBOX その5
TOOLBOX その4

To be continued・・・
TOOLBOX その3

TOOLBOXを眺めててコレ縦使いでもカッコええはず
縦に置くと箱のフタが地面にこすれて開閉できないので、
ゴム脚を付けかさ上げすれば使える。

でも、元のBOXの雰囲気にいつでも戻せ
取り付け取り外しが やり易いネジ止めがいい。
鉄板の板厚が薄いので、タッピングビスや
タップ切って直接取り付けは ちとヤバイ。

となると、下穴の裏にナットを溶接するか
小さな裏板を溶接して肉厚が取れたところで
タップ切るかすればいいけど、
全塗装を終えてから思いついたので、もう溶接したくない。

って事でポップナットの出番。


一枚目はポップナットの裏のカシメ具合。
ゴム脚をビスで止めて縦置きに・・・
底板はアンティーク端材の全員集合〜
ホンマは広葉樹でシンプルにいきたかった・・・
あとは中にダボでも仕込んで棚板置けばええんでないかい?
でも縦置きぐぅー


ニヤッ ニヤニヤ〜
こういう瞬間が最高。

To be continued
TOOLBOX その2

修復を終えてからもコーヒーブレイクのたびに
なんかBOXの色に目が行ってチラチラ落ち着かない。
この色はこの色でええのになんか倉庫のスペースには
落ち着かんカラーやなぁ〜と思い、おもいきって・・・
チェンジ!

いきなり缶スプレーで仕上げは きっと
のっぺりした均一の仕上がりでパッとしないやろうと。
まずは、刷毛塗りで刷毛の波打ち感をだして全体をこげ茶で。
で、すぐに缶スプレーの茶色の塗膜をかぶせて
荒い刷毛塗りの起伏を滑らかにしました。

続いて今度はつや消し黒とカーキーを両手に2丁拳銃状態で
缶スプレーをかなり距離とってパラパラ吹きつけ〜
白ペンキのしずくは愛嬌で。
実際の現場でも人の道具の上や材料の上で、養生もせんと
脚立あがってペンキ塗りしてしずく垂らしまくって知らん顔のヤカラが多いのだ!

そんなこんなで、落ち着く色になり満足。
最後の写真のフタの角がクシャクシャになっているのがチップソーで
切断された傷跡の部分。
綺麗にやるならキッチリ穴埋めして鉄パテ入れて塗装だけど
このほうが好きなんで(笑)・・・。

でも、その周辺にはあちこちに結構な数の穴が開いてますが
最初には開いてなかった穴。
コレ ブラインドナットとかポップナットとか言うんですけど
カシメると奥はナットになってる薄板鉄板専用のモノなんやけど
これが実は、いじくり倒しのミソなんですが・・・

まだまだ、つづくぅ〜〜〜〜。


TOOLBOX その1
危うく古鉄屋にクズとして持ってかれそうなところを救出!のTOOLBOX。
スツール3つ分を上回る横幅は900ミリ。
空箱状態でも一人で取っ手を精一杯両手を広げてなんとか持てる重さ。
工具が入ってなくてもズッシリ重い。
ベコベコに曲がってオマケに作業台代わりにこの箱の上でチップソーらしき
もので鋼材と一緒に箱のフタまで切り込んでありました。笑
『ニヤリ』→『お宝発見』→『回収』

昔から現場では工具の盗難はいたるところで発生してるんで
こんな空箱でも重い鉄箱に電動工具や手道具、溶接キャプタイヤ
を詰め込んでフタして鍵かけときゃ、とんでもなく重たい。

単独犯の盗人から箱ごと持ってかれる心配がないから
電動工具が沢山いる仕事の職人はいちいち車に毎日持って帰れないんで
こうしてることが日常。

道具満載状態で常に移動 だから、台車に乗せるにもフォークリフト使うくらい
搬入搬出のトラックに載せるにもフォーク。
なのでボコボコ・・・いい感じに(笑)

上の写真はひと通り切断傷跡も裏板あてて溶接でふさぎ
板金処理してクシャクシャの鉄板起こして、ひずみとって周囲となじませる・・・
めくれあがってた箱の底板も溶接し直して、
ごっつい肉厚の丁番も直して開閉良好・・・ちょっと直しすぎた
っとここまでの状態で
『ま、これで写真撮影のバックにドーンと地ベタに置いてるだけで
かなり存在感あるし、ええかぁ』なんて思っていたのが半月前。


あれから半月たって、今日までで 彼は えらい事になって・・・。
『akaogi』に いじくり倒されております。
え〜 つづきは後ほどぉ〜〜〜〜
  • akaogi [web shop]
  • * **
    ブログ カウンター消費者金融 審査中小企業 融資