<< 愛着 | main | はじめての一眼 >>
愛着 つづき

昨日の現場のビル
裏方の避難階段に使われているドア
アンティークパーツとして見るドアノブより
多少ガタが大きくなってぐらぐらなノブでも
現役でグリグリ使われているノブはやっぱりカックイイ!



by the way 続き ← (ふっるぅ〜〜笑)
 革を縫い直すことが
さかのぼること高校時代、って言っても
グローブとボールを思い出して

硬式野球部だった当時。グラブが
激しい練習ノックで革ひもが切れてよく自分で
専用の針で縫い直してオイル塗って
手入れしながら使っていたんです。
(阪神元監督岡田モデルのグラブ ふっるぅ〜笑)


ボールは一年生のころは
年間何個縫ったかわからんぐらい・・・
縫うときは必ず一人2個持って帰らされて
一個縫うのに、
1時間半から2時間かけて縫うんです。

そこそこ綺麗に縫わないとやり直し、
次の日に持ってこないと 
ひとりの為に連帯責任で全員ケツバン!(ふっるぅ〜笑)

(怖がってケツを動かしバットが
尻に命中せず腰の骨折る子もいた。
当時はどこの高校もあったろうけど
今の時代はまだ、残ってるところも
あるのやろうか?)

練習でくたくたな中、指つりながら・・・


今でもボール縫ったりしてるんかなぁ?


キーホルダーを縫い直す糸に 
切れにくい痛みにくいような専用の
糸なんかあるんやろうか?
もう今度は目打ちしてある(笑)穴に
通すだけやろから楽勝!?


あ でも3枚貫通する場所は革も伸びて・・・

穴がずれてて・・・・・



フンガァ〜〜 だな!
スポンサーサイト
  • akaogi [web shop]
  • * **
    ブログ カウンター消費者金融 審査中小企業 融資