<< 改装ワーク4 | main | 信楽 登り窯 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

改装ワーク5


ペンキ塗りのお次は、天井ボードの補強に移ります。
壁は心配ないんだけども、
天井に関しては重量を考慮して薄いほうのボードをチョイスしている
て言うか、モノの多さと足場の悪さを考えると重いほうのボードはキツイ(笑)
遮音性能としては、質量が大きいほうがそれに比例して遮断してくれるみたいだけど・・・ムリ。
間に結構重い遮音シートもサンドイッチしているので、総重量はかなりのもの。

今のままでも問題ないが、地震の時でも安心出来るように補強を・・・
写真は古い日本の古民家からでた柱材。
縦に反割りした上で元の倉庫の構造材にボルトで縫いつけて
意匠を兼ねた補強にして壁と天井の仕上げは完了の予定。


その次は、電気の露出配管。
古材と一緒に写っているのは仕事現場で手に入れた不要な配管材

30年以上前のエレベータシャフトに這わされていたフレキシブルの配管。
現場から持って帰るときの周りの反応
『え?そんなん どないすんの?(失笑)』
誰も必要の無いもの・・・このお宝感は最高だ!(笑)

2種類写っている内のひとつは、もう売っていないと思う・・・
でも、口金やジョイントは今の規格と同じなので使えそう。

色合いもいい味が出ているからそのまま使うか白く塗りつぶすか迷うところ。

味と言えばこの柱
引き取った日は雨上がりで材料は泥にまみれて車に載せるのも嫌なくらい・・・
でも、この泥がそのまま乾いたままの姿を想像してぐっと我慢して
持ち帰りました。(笑)
それから、3日後の姿がこれ!最高の仕上がり(笑)

このまま半割りして、いざ施工だ〜



スポンサーサイト
  • akaogi [web shop]
  • * **
    ブログ カウンター消費者金融 審査中小企業 融資