スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

図書館のカードケース


この時期毎年、放置です。あいすいません。
3月まで工事は忙しい一方で
akaogiでは現在も何件かオーダーいただいたモノ達の製作
確定申告の準備、など追われまくっている今日この頃・・・

そんな中、現場で出会ったひとコマです。
古道具ではなく、現役バリバリの図書カードを入れる道具です。
言葉がありません・・・
WEB SHOPもアップロードを待っているモノ達はあれど作業が進まず
とにかく申告を片付けていろいろ動きだしたい。



やっぱり古いモノってなんか好きです、はい。





key box

最近行ったバリバリ昭和時代の
ビル改修工事現場での写メ。
鍵を不特定多数の人と共有するために、
別のキーでロックして収納するためのボックス。

・・・だのにこのデザイン!とカラー

風化して錆が出てきて くすみきった
オレンジの発色とサビが同調してて最高の一品、
なんて思ってるのはこの現場で
仕事してる職人のなかでも
自分くらいなはず。笑


その辺の新品のKEY BOX買うてきて(コウテキテ)←ルビ
取り付けしてあげて、
『周りが綺麗になってるのにこれだけ古いのは
おかしいから改修工事のついでに新しいやつに代えときましたから〜』

『この古いのこちらで処分しときますねぇ〜』

なんつって、おせっかい焼いてでもほっすぅぃ〜〜
古本


最近、仕事で奈良へ。
近鉄奈良駅ビルが現場だのに、昼食時間にランチの店を探しているうち
にどんどん南へ歩いていると、突如風合いのある町並みに入り
どんどん引き込まれて町屋だらけの景色に誘われて、昼食の場所探し
も忘れて引き返せなくなり、「もう戻ろう、もう戻ろう」と心で言いながら
気が付くと1時間歩き回ってた。

なにげに電信柱を見ると「ならまち」と書いてあった。
雑誌とかでたまに見るけど場所なんて知らなくて
偶然迷い込んでそこが「ならまち」。

う〜ん、呼んでいた!「此処にいるよ〜」
何軒もあった古本屋さんのうち一軒のボロボロ投げ売りコーナーみたいな
ので、表紙の色と題名にぐっと来て買いました。50円・・・。
なんかドラマチックな翻訳題名に引き込まれた。
1953年「postmarked moscow」うまいこと翻訳するなぁ。

普段まったく本は読まないのになんか読みたくなる。
でも、いまだ読まず(笑)
この本とその他の本抱えて買うときに、
「あのう・・・、もっとボロボロなん無いですか?売りモンにならへんホドぼろぼろな本でもいいんですけど、無いですか?」と僕。
「・・・・・・・。」と店主の女性。
うわぁ、絶対変なヤツや思われてる。
「あ、いやディスプレイに使うのに欲しくて・・・。」と僕。
ますます「・・・?」な顔の店主。

「あ、とりあえずこれ下さい。」
また、忘れた頃に行ってやろう・・・。
中崎町フォト


中崎町フォト
中崎町フォト
中崎町の古井戸
古い井戸
久しぶりの中崎町。
仕事でいったけどしばらく来ないうちに、
それまでそこにあった建物やショップがなくなってた。
置いているものはオリジナルの子供服とかを置いていた店で
モノ自体全く興味は無かったもののディスプレイしている家具やら、
いつもオーナーらしき女の子がノートパソコンをたたいていた
古い机なんかにいつも目を取られていた。
その小さな小さなショップが入っていた建物が
取り壊されて更地になっていた・・・。
すごく寂しくなって変わっていく町の風景を眺めながら
ふと急に2,3年前に偶然見つけた中崎町にあった古井戸のことを思い出した。
突然まだそこにあるのか確かめてみたくなった。
少ない記憶を頼りに中崎の路地をぐるぐるグルグルまわった。
あきらめてしまうほど見つからなくて、自分の記憶とは違う路地にきっとあるんだと、またぐるぐる・・・。
そしたら、ここじゃないよなと思っていた路地に・・・
あった〜!〜〜ちょうど持ち主のおばさんが洗濯物を干してたので写真を撮らせてもらえないですか?に、少し笑顔でうなずいてくれた!〜〜
こんな時代のこんな場所に『井戸』。しかも、まだ使っている様子なのは、
ここに前に来たときと全然変わっていなかった・・・。

『中崎町バンザイ!』
レトロポスト

う〜ん今日のヒット!
なんじゅうにも剥げては塗りを繰り返されたヤツ。
こんな青、かっこええぞ。まさに昭和!!
ドアノブ 

あえて横向きでパチッ。
  • akaogi [web shop]
  • * **
    ブログ カウンター消費者金融 審査中小企業 融資