スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

LOUIS VUITTONの新聞広告



blogup.jpg 


思わず新聞紙を切り抜いてしまうほど、好きになってしまった写真・・・(笑)
ルイヴィトンに はまってしまってるわけでもなく
この写真がツボで!
この広告の作り手、楽しかったやろーね。
最高の広告主に最高のキャストと・・・


小さい頃から高校生までは思いっきり野球人でしたが
サッカーは気違いほど好きです。(見る専門で(笑)息子に夢を託してますが・・・)
ヨーロッパへ古道具の買付けと生欧州サッカーを観戦するのが夢です。



なんかすごい今の3人の現況が表現されているような一枚と
思ってしまったのは僕だけでしょうか?



マドリードのカフェで味のある木製のサッカーボードゲームをする3人。

●はるか昔に現役引退し現代のサッカーを客観的に楽しみ 
 誰かと談笑しながら、ボードゲームはどうでもいい感じの サッカーの神様 ペレ(笑)
●かたやごく最近までプレーして引退し、肩の力を抜いてサッカーを楽しむ ジダン
●一方、今現在アルゼンチン代表監督として絶対に勝ちにこだわり、
 たとえボードゲームでも負けたくない感のアルゼンチンの英雄 マラドーナ
 「ヘイヘイヘイ! ゲームはまだ終わってないぜ! ヘイ! シュートだ ペレー!!!」



あぁ〜なんかいい写真だね! オリジナルが欲しいよ
とりあえず額縁作ってアトリエに飾れ!!いや額縁いらんか?
ジダンとロナウドが共存してたころの銀河系レアルがスキでした。



もうすぐワールドカップ!
注目の選手っていますか?
僕は個人的に活躍を期待したい選手が・・・

それはフランスのヨアン・グルキュフ(ボルドー)
ジダンの後継者といわれる彼に注目しているぞ〜〜!
 


新しい一年


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
昨年は、いろいろな方々からメッセージやオーダーを頂いて
ホントに励みになった1年でした。

今年もかわらず、マイペースでやって行こうと思っています。
まだまだ、更新がままならないHPですがコツコツとパソコンとニラメッコの毎日・・・

そんなこんなで どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。








.
愛着 つづき

昨日の現場のビル
裏方の避難階段に使われているドア
アンティークパーツとして見るドアノブより
多少ガタが大きくなってぐらぐらなノブでも
現役でグリグリ使われているノブはやっぱりカックイイ!



by the way 続き ← (ふっるぅ〜〜笑)
 革を縫い直すことが
さかのぼること高校時代、って言っても
グローブとボールを思い出して

硬式野球部だった当時。グラブが
激しい練習ノックで革ひもが切れてよく自分で
専用の針で縫い直してオイル塗って
手入れしながら使っていたんです。
(阪神元監督岡田モデルのグラブ ふっるぅ〜笑)


ボールは一年生のころは
年間何個縫ったかわからんぐらい・・・
縫うときは必ず一人2個持って帰らされて
一個縫うのに、
1時間半から2時間かけて縫うんです。

そこそこ綺麗に縫わないとやり直し、
次の日に持ってこないと 
ひとりの為に連帯責任で全員ケツバン!(ふっるぅ〜笑)

(怖がってケツを動かしバットが
尻に命中せず腰の骨折る子もいた。
当時はどこの高校もあったろうけど
今の時代はまだ、残ってるところも
あるのやろうか?)

練習でくたくたな中、指つりながら・・・


今でもボール縫ったりしてるんかなぁ?


キーホルダーを縫い直す糸に 
切れにくい痛みにくいような専用の
糸なんかあるんやろうか?
もう今度は目打ちしてある(笑)穴に
通すだけやろから楽勝!?


あ でも3枚貫通する場所は革も伸びて・・・

穴がずれてて・・・・・



フンガァ〜〜 だな!
愛着

気まぐれ更新でいつもゴメンなさい。
久しぶりのネタはたいしたネタではござりませんが私物ネタで・・・。


いつも肌身離さずポッケに入ってはるお二人で
ひとつはau携帯 かたやキーホルダー。
この携帯は結構古い(笑)
でもめちゃ小さくて薄くて今の時代の主流デザインから外れた
フリップ式(笑)!


フリップ式なんて携帯が一人一台に定着する前ごろの形式
そんな頃の時代に逆行してる姿にヤラレテ使っていますが
これがまたボタンが男子には押しづらい。
男子の親指なら平気で2つ3つは同時に押してしまうほどなんだけど
絶対に使いこなしたるって感じで買いましたが、

これがまた、基盤が悪いらしく過去に2回基盤交換出してます。
ボタンも押し込まれたまま戻ってこない状態に2回なりましたがこれまた無償修理!

店員に聞いても、この機種は多いらしくそれで買い換える人も多いとか・・・
でも、メーカーに出しても無料で修理してくれるのでこれまでなんとか。
もっともっとがんばっておくれ〜

壊れても壊れても修理して使ってあげるからねぇ〜。
(修理代はかかっちゃ駄目だからねぇ〜!)




お隣のモノはブログ立ち上げる前の
カレコレ4年前に自分でカタチを考えて革の道具は一切なかったので、
東急ハンズで革材料と針と糸だけを買って
目打ちなどせずに(笑)ひたすら手でグサグサ縫いこんだ愛着のキーホルダー

帯止めを斜めにのり巻き状にぐるっと一回転して
センターのハトメホックでとめるデザインにしたのはいいが
この帯の部分のところで途中3枚重ねて縫わないといけないところがあって
指に硬いものあてがいながら3枚一気にフンガァ〜いいながら貫通させてつくりました。(笑)
想像しながら笑ってください。


そんな苦労もつかの間4年の歳月をへて縫い代はボロボロ
当時より4つも 年寄りになっちまった体から繰り出される脂を
毎日吸い取って革はナチュラルなめし状態(笑)
ホックの部分の帯がもげた姿や糸のほつれを見て
もうそろそろ直してあげなくては・・・
と思いながらも何故かふっと高校時代を思い出しました。


ああ〜ひさしぶりに更新で長文!
疲れて限界なのでまた次回に・・・


『また明日に』と書かないところがまたやばい・・・(笑)。

stepladder
デザインの元は、オール鉄で出来たインダストリアルな
フランスアンティークの写しなんだけど

補強の取り方や角度、やわらなカーブ。
足元、天板の張り方、上下左右の長さのバランスなどはオリジナルな踏み段・・・




こんなモノ あいだに作ってる暇はないのに、
なにかと忙しい10月だったような・・・
製作なかばでやめているモノもチラホラあるなか
倉庫ワークも進めないとなぁ〜
11月は倉庫の片付けに集中するぞ!
やさしい灯り
錆と古材の再利用


必要にかられ、転がってるカスカスの古材の再利用。
丸鋸でスパッと切ると木口は桃色!

まだまだ、生きていた。
切った瞬間コントラストの美しさにオドロキ。
錆と古材
販売

大友人 みのり堂のminoちゃんが
自分のアトリエ(兵庫県西宮市)で
一日だけ限定のお店をオープンすることになって
そこで、スツール販売してもらいました。

いろんな作家さんが集まるイベント。
たくさんのお客さんが来たらしい(笑)・・・。
(仕事で行けず トホホ)
なんと、スツール3脚(No.002〜004)即完売!
イベントも大成功だった12月3日(日)。

イベントにかかわったみなさん、ありがとう!
また、がんばろ〜。

  • akaogi [web shop]
  • * **
    ブログ カウンター消費者金融 審査中小企業 融資